ネットオークションでものを売った体験談

ネットオークションでものを売った体験談

ネットオークションでものを売ることは

ネットオークションでものを売ることは、気分はネットショップをオープンしている感覚と少し似ているような気がします。
商材がある方は、よりそれが強いかもしれません。使った物でも、予想以上に値が上がっている時など、興奮を感じ、頻繁にどうなっているかチェックしてしまいます。
最初、値段を付ける時は、同じような物を他の人は幾らで売りに出しているかを確認をしますが、それよりも少し安めにするようにしています。落札されて、お金が入金された後に、物をその買い手に送る時の気分というのは、如何にも仕事をしている気持ちになり楽しいです。
一件落着という雰囲気がします。
物によっては、一寸だけ寂しい気分になる事もあります。画家が展示会で絵が売れる時と、同じ気分かもしれません。ほんの少し寂しい反面、嫁入り先が決まったという気持ちの切り替えをしている、と感想を述べていた画家を思い出しました。

常にオークションに出品できる物がある人が羨ましいです。